エギングでギャフとタモはどちらが必要か?

エギングでギャフとタモはどちらが必要か?エギングを始めると取り込み方法が気になってきます。

タモを使うのか?ギャフを使うのか?

結果的にイカをゲットできればギャフでもタモでもどっちでも良いんでしょうけど、その人のエギングスタイルによって使い分けることがあると思います。


自分のエギングスタイルは?

ギャフ派かタモ派で分かれるエギングスタイルは、ランガンするかしないかです。

ランガンが多いと軽量コンパクトなギャフが必要になってきます。

タモでもランガンできなくはないんですが、コンパクトなギャフの方がランガンには適しています。

タモとギャフの違い

タモ

ギャフ

見た目の通り、タモとギャフは全く異なります。

それぞれに特徴があり、メリット、デメリットがあります。

タモとギャフの比較はタモとギャフの選び方」をご覧下さい。

ギャフのメリット、デメリット

ギャフのメリットはコンパクトで軽量であることです。

先述したランガンには最適です。

デメリットとしては、ギャフは少々値段が高いこと、エギング以外にジギングなどをされる場合は、イカ以外の魚にはギャフは使えないこと。

イカの胴体に刺すので、取り込んだイカにダメージを与えてしまうこと。

※ギャフを使って取り込んだら、リリースせずに持ち帰りましょう。

リリースしてもギャフの傷口でイカが高確率で死んでしまいます。

タモのメリット、デメリット

タモのメリットはギャフと異なり種類が多く、安価な物から販売されています。

また、イカ以外の魚にも使用できるため、エギング以外の釣りをされる方には合います。

一方、デメリットはギャフと比べて大きく重たいです。

そのため、ランガンには不向きです。(ランガンできないわけではありません。)

背負いながらキャスティングもできますが、ギャフと比べるとタモが邪魔になったり、肩こりがします。

タモとギャフの扱いやすさ

せっかくイカが掛かっても取り込みに失敗したら意味がないですよね?

タモとギャフではどちらが使い易いか?結論はどっちもどっちです。

慣れれば両方共使い易いですし、不慣れだと両方共使いづらいです。

タモとギャフはどちらを買えばいいのか?

私の個人的な考えでは、今後エギングしかしないのであればギャフがいいと思いますが、ジギングなどをされる可能性があるならタモを選びます。

私の実際の釣行では、釣りに行ける時間が短時間の場合で、エギングしかしないと決めた日ならギャフを持っていきますが、丸1日釣りができる日で、エギング以外もする可能性がある日にはタモを持っています。

要するに、汎用性のあるタモの方が利点があります。

釣り自体が初めての方は最初にタモを購入して、エギングにどっぷりはまったらギャフを購入してみるというのもアリだと思います。

タモとギャフの使い方から考える

タモとギャフを実際に使うイメージを持つと選び方の基準ができるかもしれません。

イカが掛かったとき」にタモとギャフの使い方を紹介しております。

でも、実際にイカが掛かったら、片手は竿を持ち、もう片手でどうやってイカを取り込めば良いのか、イメージトレーニングが必要です。

・イカの取り込み方
・失敗しないギャフの使い方
・ギャフとタモどっちがエギングに向いているか

こうしたことを学校の講義のように詳しく教えてくれるDVDがあります。

私はこのDVDでエギングの基礎を勉強しました。

他にもイカの習性、エギの動かし方、釣り場のポイントについて、イカを釣った後のイカの締め方、イカを釣った時にエギについた墨をどうすれば良いのかなど、エギングを始める前から釣れた後まで幅広く教えてくれました。

以前の私のようにエギングの経験や知識が浅い人にはきっと役立つと思います。

DVDの詳細な内容をレビューしておりますので、役に立ちそうだったら参考にしてみてください。

エギングの講義DVDのレビューはこちら

自分だけ釣れないのはなぜ??

nazetsurenai最初からこのDVDを見ておけばよかった・・・。
同じ釣り場で他の人は釣れてるのに自分だけ釣れないのはなぜ??

釣らせてくれる秘密のDVD!

Power Pushサイト!

コメントを残す

サブコンテンツ

エギングアイテム紹介・ランキング

このページの先頭へ