エギングでマメイカを釣る基本知識

エギングでマメイカを釣る基本知識

マメイカを釣ることの出来る場所はさまざまで、時期にも注意が必要です。

初心者の方でもそんなマメイカを釣る方法を今回はご紹介いたします。

エギングタックルよりもアジングタックルを用意した方が良いと思います。

まず欠かせないのが釣り道具

マメイカを釣るにあたって欠かせないのが道具です。

マメイカは他のイカ釣りのように「エギング」という方法で釣ります。

では、どのような道具が良いのでしょうか?

・ラインはPE0.2や0.3を使う
・伸縮性のあるリーダーを使う
・エギは1.5号~2.0号を使う
・ロッドは6ft~8ftほどのライトアクション用のロッドを使う
・リールは安物でも可能だがDAIWA番数だと1500~2000を使う

マメイカは小さいため、アタリがわかりやすいように、細めのラインや、小さめのエギを使うと良いと思います。

せっかくアタリがあったのに、気づかずに逃がしてしまう。

ということが無いようにしたいですね。

少々高めの道具になるかもしれませんが、折角なので良い道具でアタリを楽しみましょう!

マメイカが釣れる場所と時期

・場所は北海道
・時期は春先や初冬

マメイカは北海道で釣れる小さなイカです。

釣れる場所としては、小樽・余市・石狩などが有名な地域です。

主に小樽で釣る方が多いようで、特に南防波堤の外海で釣れるようです。

また、南防波堤以外でも、色内埠頭などでも釣れるという情報が出ています。

札幌近郊で攻めるなら石狩湾新港の東埠頭などでも狙うことが出来ます。

また、オホーツク海側では知布泊漁港の内外の両防波堤でも釣ることが出来るようです。

また、時期に関しては、初冬や春先に釣ることが出来ます。

春先といっても、北海道での春先は5月頃にも及びます。この時期は土日に限らずマメイカ釣りを目的にしている人が多数おり、人気です。

場所を探すときには、事前にGoogleMapなどを利用して車の停める場所などを探しておくと良いと思います。

小樽や余市、石狩では目の前に車が停められる環境にあるので、釣りもしやすいと思います。

マメイカの基本的な釣り方

・釣り方は「リフト&フォール」や「トゥイッチ」
・釣る時間帯やタナがポイント
【マメイカの誘い方】
「リフト&フォール」と呼ばれるロッド(竿)を上げてすぐに下げてエギを沈める方法
「トゥイッチ」と呼ばれるロッドを下に向けたままちょんちょんと手前に引く方法

マメイカはエギが沈んでいる時に抱きます。そのため、アクション後は必ずエギを沈めます。

それらを繰り返し誘うのですが、アタリが無い場合など、タナを変えたりエギを変えたりする必要があります。

マメイカは、時間帯によってコロコロと棚が変わるので注意が必要です。

釣ったマメイカを料理するポイント

・下ごしらえがポイント
・料理のバリエーションも豊富

マメイカを料理するときのコツとしては、内臓を取り出すことや、口部分などを外しておくことです。

まずは、マメイカの顔を引っ張って頭の中にある内臓を取り出します。

内臓を取り出したら、固くて透明な背骨のようなものを取り除きます。

そして、頭から足の部分の間を切って固い口部分を取り除きます。

これで、美味しくマメイカをいただけます!

オススメの料理は、

・やっぱりお刺身!
・豪快に生マメイカ丼!
・マメイカの旨煮
・マメイカ飯

などです!

是非、皆さんもマメイカを自分で釣って、美味しく召し上がってください。

自分だけ釣れないのはなぜ??

nazetsurenai最初からこのDVDを見ておけばよかった・・・。
同じ釣り場で他の人は釣れてるのに自分だけ釣れないのはなぜ??

釣らせてくれる秘密のDVD!

Power Pushサイト!

コメントを残す

サブコンテンツ

エギングアイテム紹介・ランキング

このページの先頭へ