エギングでマメイカを上手に狙うには?

エギングでマメイカを上手に狙うには?

エギングでアオリイカ釣りも楽しいけど、マメイカ釣りも楽しいですよね。

マメイカの釣り方はアオリイカと基本的には一緒で、主な釣り方は、「リフト&フォール」、「トゥイッチ」の2つです。

今回はこの2つに絞って、上手に狙う方法をお伝えしていきたいと思います。

また、上手に狙う方法として、「夜の釣行」、「タナの確認」が重要なポイントになってきます。

参考にしてみてください^^

リフト&フォールのやり方

リフト&フォールは直訳すると、「持ち上げて、落とす」という意味です。

これは、ロッドを使ってエギを持ち上げ、その後はロッドを下げてエギを沈み込ませるという方法です。

リフト&フォールはマメイカ釣りの中でも一番メジャーなやり方なので、マスターすると釣れる確率がUPしますよ!

具体的な方法としては、

1.海に向かってエギを落とす
2.「1,2,3..」と数えながらエギを沈める
3.目標としているタナのところまで来たら、グイっとロッドを真上になるくらいまで上げます
4.そして、そのまま糸ふけが無くなるまで再度エギを沈めます
5.3~4を繰り返します。

マメイカがエギに抱きついた場合、ロッドを上げた際に少し重くなっています。

その重みがマメイカのついている証拠です。

最初は根掛かりかな?というような感じがするかもしれませんが、竿を立てながらリールが巻けるようなら、マメイカのHITです!

逆に、リールをある程度巻いて、糸が張ったままなら残念ながら根掛かりです。

通常時よりも明らかに重たくなるので、初心者の方でもわかると思います。

また、マメイカはアオリイカと同様にフォール時にエギにつきますので、フォール時が重要ということをポイントとして押さえておいてください。

トゥイッチのやり方

トゥイッチはリフト&フォールとは違って、ロッドを下向きにしたまま、「チョンチョン」と手前に引きながらマメイカを狙う方法です。

こちらは、2回のアクションを行って、マメイカを誘います。

具体的な方法としては、

1.海に向かってエギを落とす
2.「1,2,3..」と数えながらエギを沈める
3.目標のタナまで来たら、チョンチョンと2回縦や横にアクションを起こします。
4.エギを動かした分だけ糸ふけを巻き取ります
5.スローリトリーブ(かなりスロー)
6.3~5を繰り返します。
7.重たくなったらリフト&フォールと同じようにマメイカがついている証拠なのでゆっくりと巻き上げます。

3のアクションでエギが左右にクビをふるような感じになればOKです。

最初は分かりづらいかもしれませんが、高い防波堤で、海が透き通っている時にやってみると、エギが左右に動くのが分かります。

失敗すると、エギは左右に動かず、シャックた感じになり海面へエギが引っ張られて近づいてきます。

上手に狙うポイント

マメイカに限らず、イカは夜に釣る方が多いです。

もちろん、昼間や朝でも釣れますが、夜釣る理由としては、イカは明かりに集まる習性があるからです。

マメイカも同様に明かりに集まってきます。

そのため、オススメするポイントとしては、夜に釣行をすることです。

ライトなどが無い方でも、マメイカの釣れる時期には多数の釣り人がいます。

その釣り人の方々はライトを持ってきていたりしますので、その方の近くで行えば、他の場所よりも釣りやすくなると思います。

もちろん、その方のご迷惑にならないようにすることが大切です。

夜は眠たいとか、足元が見えないから怖い!って方は、朝でもOKですよ!(私は夜は眠いし、見えづらいので朝マズメ派です。)

朝に狙うなら、朝マズメ時(日の出頃)が狙い目です。

タナの確認

マメイカに限らず、海での釣行は「タナ」がポイントになります。

タナを確認するうえで必要なのは、情報収集です。

「近くの釣り具店で情報を聞く」か、「釣り人に聞く」かどちからになります。

タナはその時によって変わったりするので、釣具店の人よりも現地で釣っている方に直接聞くほうが正確だと思います。

マメイカ釣りのコツのまとめ

・リフト&フォールで攻める!
・トゥイッチで攻める!
・夜もしくは朝マズメを狙う!
・タナを正確に狙う!

自分だけ釣れないのはなぜ??

nazetsurenai最初からこのDVDを見ておけばよかった・・・。
同じ釣り場で他の人は釣れてるのに自分だけ釣れないのはなぜ??

釣らせてくれる秘密のDVD!

Power Pushサイト!

コメントを残す

サブコンテンツ

エギングアイテム紹介・ランキング

このページの先頭へ