【エギングでアオリイカ釣り】潮と釣り場の関係で釣果は変わる!

【エギングでアオリイカ釣り】潮と釣り場の関係で釣果は変わる!

潮を意識してエギングしていますか?

潮とは満潮とか干潮のその日の潮位であったり、大潮、小潮、若潮などの潮の種類のことです。

この潮を意識してエギングすると、短時間で効率よくイカが狙えるはずです。

やはり満潮が狙い目?

一般的に満潮時がイカや他の魚を含め狙い目とされています。

満潮は基本的に1日2回あり、地域や釣り場によって、その時間は異なります。

『地域名 潮見表』(例:東京 潮見表)で検索すると満潮や干潮がいつなのかが分かります。

満潮時は魚が沖の方から岸の方までやってくるので、防波堤から釣りをする場合は釣りやすくなります。

一方で干潮の場合は、その逆で沖の方に魚が行ってしまうので、防波堤からは釣りづらくなります。

一言で満潮と行っても、その潮位は異なります。

大潮の満潮が最も潮の満ち干きの差が大きく、大潮の満潮は潮位が最も大きくなるため超狙い目、一方で大潮の干潮は若潮・長潮などの他の潮と比べると最も小さくなるため、期待できません。

大潮の時は満潮を狙い、干潮は避けるのが無難です。

大潮の干潮は釣れないのか?

それでは、大潮の干潮時は全く釣れないのか?

実は、大潮の干潮だからこそ逆に狙い目の釣り場というのもあります。

というのも、釣り場によっては干潮時の方が釣れている釣り場もあるからです。

その地域周辺の地形や潮の流れから干潮にこそ魚が集まりやすいポイントが存在します。

これは一概にどういう所が、そうした釣り場なのかは言えないのですが、近所の釣具屋さんに『干潮時にも狙えるポイントはありますか?』と聞いてみると良いと思います。

潮の満ち引きで、上げ潮(満潮に向かう時間帯)は好きな釣り場で、下げ潮(干潮に向かう時間帯)は釣具屋さんに聞いたポイントで釣ると1日を通して効率よくエギングができると思います。

自分だけ釣れないのはなぜ??

nazetsurenai最初からこのDVDを見ておけばよかった・・・。
同じ釣り場で他の人は釣れてるのに自分だけ釣れないのはなぜ??

釣らせてくれる秘密のDVD!

Power Pushサイト!

コメントを残す

サブコンテンツ

エギングアイテム紹介・ランキング

このページの先頭へ