表面が破れてボロボロになったエギの使い道と修繕方法は?

表面が破れてボロボロになったエギの使い道と修繕方法は?エギングをしていて、イカが釣れるとエギの表面が破れてきてボロボロになってきますよね?

そんな風になってしまったエギは皆さんどうしていますか?  

エギの表面がボロボロになった場合どうするかをご紹介します。


破れてしまったエギを使うべきかどうか?

ボロボロになるまで使い込んだエギを使用するのか、捨てるのか。

という問題があります。

もっとも、そんなにボロボロになるほど使い込む前にロストしてしまうとか、捨ててしまうとかいう人が実際は結構多いのかもしれません。

エギにもピンからキリまであって、100円ショップで買った安物のエギであれば、捨てるのにもさほど躊躇はないかもしれませんが、有名メーカーである程度の値段がしたものであれば、値段は安くても600円前後から1000円以上しますので、捨ててしまうのはもったいない気がします。

何よりも、それほどまでに使い込んだエギというのは好成績を上げたエギであるはずなので愛着も湧いてます。

私の場合はボロボロになったエギでも、特に何もせずそのまま使い続けます。

エギングの本などを呼んでると、エギはイカに対して絶妙なフォルムで製造されているので、破れていると釣果に影響が出るそうですが、今のところ表面が破れているからといって釣れなかったという経験はないです。

初めて訪れるエギングフィールドなどは、根がかりしたりすることもあるので、そういう場合に、地形を探るテスト用のエギとして使用することもあります。

そんな私でも過去にエギの修繕試みたことが一度だけありますので、その方法をご紹介します。

エギの修繕方法

まず、布が破れた状態のエギに対しては、布をアロンアルファなどの瞬間接着剤でくっつけて補修しました。

あとは、使い込んでケバケバになってしまった部分ですが、ここにはライターで炙ってからあわびシートで加工したこともあります。

慣れれば簡単にできるのかもしれませんが、私の場合はかなり時間がかかってしまいました。(不器用なもんで、、、)

簡単にエギの修繕方法を紹介しましたが、とにかく手間がかかるので、私の場合はボロボロのまま使用しています。

エギングのプロになれば、破れたエギを使うのはありえないことかもしれませんが、趣味程度でやるのであれば破れていても実際に釣れているので問題無いと思います。

自分だけ釣れないのはなぜ??

nazetsurenai最初からこのDVDを見ておけばよかった・・・。
同じ釣り場で他の人は釣れてるのに自分だけ釣れないのはなぜ??

釣らせてくれる秘密のDVD!

Power Pushサイト!

コメントを残す

サブコンテンツ

エギングアイテム紹介・ランキング

このページの先頭へ