専用ロッド(エギングロッド)でないとエギングはできないのか?

専用ロッド(エギングロッド)でないとエギンはできないのか?これまでエギング以外の釣りはしてきたけど、エギングはやったことがなくて、これからやってみようかな?って思っている方に向けた記事です。

結論から言うとエギングロッドでなくてもエギングはできます!ですが、いくつか条件があります。


今使っているロッドは何でしょうか?

ロッドには様々な種類の竿があります。

エギングロッド、シーバスロッド、チニングロッド、ワインドロッド、アジングロッド、メバリングロッド、ジギングロッド、ショアジグロッド、磯竿、万能ロッドなどなど。

まずは手持ちのロッドの種類が何かを確認してみて下さい。

確認方法は簡単で、竿を持つ所の上の方に字が書いてありますので何の種類の竿なのかが分かります。

下図はアジングロッドの例

ロッドの種類確認方法 

竿の中には種類も何も買いてない物もあります。

よくありがちなのは、昔2,000円くらいで竿とリールと仕掛けがセットで売ってたのを購入した場合のロッドです。

この種類のロッドは一概には言えませんが、万能ロッドだと思います。

名前の通り、どんな釣りにも万能に使える反面、器用貧乏のような特徴があります。

どんな竿ならエギングができるのか?

どんな竿ならできるかを言うよりも、できない竿を挙げた方が早いくらい、エギングって意外と色々な竿でできるんです。

エギングができない竿は磯竿、アジングロッド、メバリングロッドくらいでしょうか?

エギングができない竿の基準としては、極端に短い竿、もしくは長すぎる竿です。

エギングロッドの標準の長さがおよそ8フィート(約2.4m)ですので、それを基準にして下さい。

竿が短いとエギを飛ばすことができないですし、アクションもつけづらいです。

逆に竿が長いとエギを飛ばすことができても、アクションが非常につけづらいです。

また、竿の固さも重要です。

磯竿やアジングロッド、メバリングロッドのように竿先が極端に柔らかい物はエギのアクションをつけられません。

固さの基準としては竿先が90度以上に曲がる竿は柔らかすぎます。

エギングロッドは必要か?

ほとんどの竿でエギングが可能ならエギングロッドは必要ないんじゃないの?ってなると思いますが、あくまでエギングロッド以外でもエギングはできなくはない。という感じです。

個人的にはワインドロッド、チニングロッドは代用可能だと思います。

あと、シーバスロッドもできなくはないんですが、竿がやや長いのと重たいので長時間エギングをしていると疲れます。

シーバスロッドでルアーをしていて、飽きた頃にそのままルアーをエギに変えて釣りをすることもありますが、基本的にはルアーはシーバスロッドでやって、エギングはエギングロッでやるようにしています。

自分だけ釣れないのはなぜ??

nazetsurenai最初からこのDVDを見ておけばよかった・・・。
同じ釣り場で他の人は釣れてるのに自分だけ釣れないのはなぜ??

釣らせてくれる秘密のDVD!

Power Pushサイト!

コメントを残す

サブコンテンツ

エギングアイテム紹介・ランキング

このページの先頭へ