季節別イカ釣りのベストシーズン!夏・冬でも釣れる?!

季節別イカ釣りのベストシーズン!夏・冬でも釣れる?!

エギングでイカが釣れるベスシーズンは春と秋!

これはどの本やサイトでも言われています。

では、夏や冬は釣れないのか?本当に春と秋がベストなのか?

この当たりを個人の経験を踏まえて紹介します。

なぜ春と秋がベスシーズンと言われるのか?

多くの書籍では春と秋がイカ釣りのベストシーズンと言われています。

というのも、一般的に夏の終わり頃にイカの子供が産まれ、秋ごろには好奇心旺盛な子供のイカが泳ぎ始めるため、数釣りには秋の子イカがベストと言われています。

また、そんな子イカ達は冬には沖にでかけて、春にもなると大人になり、産卵のため藻がある所にやってきます。
藻がある所は沖とは限らず、防波堤からエギが届く範囲の藻場にもやってきます。

そして、その防波堤からエギが届く藻場の近辺で産まれた子イカがまた秋ごろには防波堤付近で泳ぎ始めるというサイクルです。

こうしたことから、春と秋がベストと言われています。

夏や冬には釣れないのか?

先ほどの話からすると、夏は産まれたてで小さすぎてエギングでは釣れない。

冬は成長期のため、沖にでかけるため、防波堤からは釣れない。

はたしてそうでしょうか。

本当にエギングをやっている人なら分かると思いますが、確かにベストシーズンは春と秋でしょうが、

夏と冬でも普通に釣れます。

イカは温度に敏感と言われ、暑すぎたり、寒すぎたりするのを嫌います。そうした意味でも夏と冬は、どこか水温が適した場所に移動するため釣れにくいとも言われています。

でも、繰り返しますが夏でも冬でも釣れます。

実際に私も12月や1月の冬の季節にイカを釣った事はありますし、7月、8月の夏の季節に釣ったこともあります。

なぜ夏や冬でも釣れるのか?

では、なぜ一般的に言われている春と秋以外にもイカが釣れるのか考えてみます。

皆さんも経験があるかと思いますが、春のイカは親イカ=大きいイカとされていますし、秋のイカは子イカ=小さいイカとされています。

ですが、春に釣れたイカが300g程度しかなかったり、秋に1kgを超える大物が釣れることもあります。

何の根拠もないですが、地球温暖化などの環境の変化から、イカの産卵の時期が変わってきているのかな?という印象を受けます。

ついこの前も、4月月初という春先にも関わらず、3.5号のエギよりも小さいイカを何度か見かけました。

イカが産卵から孵化まで約1ヶ月と聞いたことがありますので、少なくとも2月中頃には産卵を終えていることになります。

イカは年魚ですので、産卵を終えると死んでしまうと言われていますが、8月の真夏の時期に1kgアップの大物が釣れたのを見たこともあります。(自分が釣ったのではなく、隣の小学生が釣ってました・・・。くやしぃ)

このイカは産卵を終える前の親イカなのか、それとも冬くらいに孵化して成長した子イカなのかは分かりませんが、こうした現象を度々みかけますので、

夏や冬でもイカは釣れる!

というのが私の見解です。

あと、地域によって釣れるシーズンも異なると感じています。

私が住んでいる長崎では、3月の終わり頃から釣れ始めますが、関西方面では6月頃が釣れる時期と聞きます。

地域によっても釣れる時期が異なるので、釣れるか釣れないかは近所の釣具店の方に実際の釣果を聞いてみたり、ネットで『地域名 釣果』(例:長崎 釣果)と検索して、釣果情報を見てからエギングをすると良いと思います。

年中エギングやりましょう!

自分だけ釣れないのはなぜ??

nazetsurenai最初からこのDVDを見ておけばよかった・・・。
同じ釣り場で他の人は釣れてるのに自分だけ釣れないのはなぜ??

釣らせてくれる秘密のDVD!

Power Pushサイト!

コメントを残す

サブコンテンツ

エギングアイテム紹介・ランキング

このページの先頭へ