台風前のエギングは爆釣?!本当かどうか検証してみた!

台風前はよく釣れる!

低気圧の日(雨が降りそうな日)はよく釣れる!

エギングをしているとこんな情報が流れ込んできます。

実際に台風前にエギングで釣果がでるのか検証してみました!

2017年8月初旬 長崎県某所

taihu

いつも行くエギングのスポットがあるのですが、明日から明後日にかけて台風の影響が出ていました。

その日は、大潮で、朝マヅメ・夕マヅメとも満潮の時間帯にかかり、釣果が期待できました。

この条件であれば、いつもなら朝マヅメ・夕マヅメで1杯ずつは上がりそうなイメージです。

実際にエギングをしてみた

うーん。まず、釣りにならないですね(^o^;)

風が強すぎて、体感で弱くても風速5m程度、強いときだと10m近くある気がします。

防波堤では波しぶきが「ザッパーン」って感じで、もっと風が吹くと波にさらわれそうです。

向かい風なので、エギを投げても全く飛ばない。(追い風ならよく飛んだと思います。)

波がうねってエギが海中で全く安定しない。

潮の流れが早すぎて左に投げたら右にエギが移動している。

こんな感じで、シャクろうが、ダートさせようが、フォールさせようがとてもエギングを出来る状況ではありませんでした。

強風・荒波対策でエギを重くしてみた

エギが飛ばない、海の中で安定しない。

こんな状況を打破するには、エギを重くするしかない!

そう思って、糸オモリをグルグル巻きにしてみましたが、全くの無意味でした。

ちなみにジギングもしてみたのですが、40gのジグではエギよりは飛んで、安定してフォオールしました。

60gのジグで、なんとかなるかな?というレベルです。

エギは3.5号で20gくらいなので、存在しないですが10号のエギとかあれば、60g相当になるので釣りになるかもしれません(笑)
(そんなエギに飛びつくイカがいたら、超超超大物でしょうが・・・)

なぜ台風前は釣果出ると言われているか?

海が荒れるとイカの餌となる小魚が沖から内の方に寄ってきます。

それに合わせて、フィッシュイーターのイカも集まってくるという説です。

また、雨が降りそうな低気圧の日も魚は水深が浅い所に寄ってきます。

そのため、沖よりも水深が浅い手前の方に寄ってくるとされています。

このことから、台風前の日はショア(陸)からのエギングは釣果が期待できると言われています。


★天候とエギングについて知りたい方へ

どんな天候だとエギングにどう影響するのか?以前の記事でまとめいますので参考にしてみて下さい。
エギングの釣果について~天候はどんな影響があるのか?

台風前の釣りで気をつけたいこと

台風前にエギングをした自分が言うのは何ですが、何よりも命の安全が第一です。

風が本当に強いので、立ってエギングするのではなく、座ってした方がまだ安全です。

でも、高波が来ると波にさらわれる可能性があるので、堤防の外海ではなく、内海でエギングをした方が安全です。

あと、言わずもがなライフジャケットは必須です。

結論

命を削ってまで、エギングをしたい方なら行ってみても良いかもしれませんが、私は全く推奨しません。

手前の方にアオリイカが寄ってきてるのかもしれないですが、強風、荒波でエギングなんて到底できる状況ではないです。

『台風前は爆釣だぜ!』みたいなサイトやブログをよく見ますが、本当ですか?!と言いたい(´・ω・`)

自分だけ釣れないのはなぜ??

nazetsurenai最初からこのDVDを見ておけばよかった・・・。
同じ釣り場で他の人は釣れてるのに自分だけ釣れないのはなぜ??

釣らせてくれる秘密のDVD!

Power Pushサイト!

コメントを残す

サブコンテンツ

エギングアイテム紹介・ランキング

このページの先頭へ