リールのベールが戻ってエギを飛ばせない!キャスティングのコツは?

リールのベールが戻ってエギを飛ばせない!キャスティングのコツは?ある程度の重さがあれば投げるのは簡単ですが、エギは微妙に軽いので慣れないと投げるのが意外に難しいものです。

キャスティングがう上手くできない初心者に向けて、上達のコツを解説致します。


リールのベール戻りの対処方法

エギングの初心者からの質問で時々あるのが、キャスティング時のベールの戻りです。

ロッドを振り切る瞬間に起こしていたベールが戻ることで、糸が切れてエギだけ飛んでしまったり、思わぬ方向に飛んで周囲の釣り人に危ない思いをさせてしまったり…。

ベールが戻るのは、キャスト時のベールアームの回転が原因となることがほとんどです。

そのため、ベールアームの回転をロックできれば、ベールの戻りを防ぐことができるのです。

実は、初心者の方にあまり知られていない機能の一つに、ベールアームのロックがあります。

ラインローラー

ラインローラーをロッドに最も近い位置に回してからベールを起こすと、ベールアームが固定されます。

この機能を使えば、ベールアームが回らないから、ベールが戻ることが無くなるのです。

ベールの戻りでお悩みの方は、この機能をちゃんと使ってからキャストするようにしてみてほしいです。

それでもベールが戻ることがあれば、リールの故障が考えられますので、修理に出しましょう。

余談:エギを遠くに飛ばすコツ

キャスティングエギング初心者からの質問で最も多いのが、エギのキャスティングで遠くに飛ばせないことです。

ベテラン釣り師と並んでキャスティングすると、同じタックル、同じ号数のエギであっても、距離にして倍近い差がつくことも珍しくありません。

道具が同じ場合に差がつく時は、投げ方に問題があると考えるべきでしょう。

まずチェックをしてほしいのが、キャスティング時のPEラインとリーダーの結び目の位置です。

この位置がガイドの間だったり、スプールに巻き込んであれば、距離を稼ぐことができません。

その理由は、結び目がガイドやスプールに触れることで摩擦抵抗が起こるからです。

そのため結び目は、ガイドの外側に出ている状態で、キャストを始めるようにしなければいけません。

次に、遠心力を上手く効かせることが大切です。結び目をガイドの外側に出すと、垂らしがかなり長くなります。

長竿であれば問題ないですが、短いエギングロッドを使用するには、何度も繰り返し練習して慣れるしかありません。

時間がある時に、キャスティングの練習だけでもしてみてはいかがですか?

最後に、ロッドを振り込んだ後のフォームについて。空中を飛んでいるエギにティップを向けて、抜けるように糸が放出されることが大切です。

それによって、ガイドとの摩擦が減少して遠投力が増すのです。

繰り返しの反復練習が、キャスティングの上達の近道です。

釣れない時間帯は、何度もキャステイングを繰り返して練習をしましょう。

自分だけ釣れないのはなぜ??

nazetsurenai最初からこのDVDを見ておけばよかった・・・。
同じ釣り場で他の人は釣れてるのに自分だけ釣れないのはなぜ??

釣らせてくれる秘密のDVD!

Power Pushサイト!

コメントを残す

サブコンテンツ

エギングアイテム紹介・ランキング

このページの先頭へ