ベイトリールでエギングするメリットは?

ベイトリールでエギングするメリットは?エギングの定番スタイルは、スピニングタックルを使用するのが一般的ですが、ブラックバスなどで使うベイトリールにPEラインを使用したスタイルもあります。(厳密に言うと、ありました。が正しいかな?)

エギングのパイオニアメーカーのダイワがベイトエギングというのを数年前に提唱して、一時期流行ったのですが、今はベイトリールでエギングをしている人を見かけないです。


スピニングタックル、ベイトタックルの特徴

スピニングタックルが定番となっているのは、使い方が簡単でトラブルが少ない点や、ロッドとリール重量バランスがよく疲れにくい点があります。

その中でベイトタックルを使用するメリットは、ベイト特有の操作性の良さが挙げられます。

ブラックバスではスピニングタックルは少数派で、ほとんどがベイトタックルを使用していますが、ブラックバス特有のポイントの狙い方に理由があります。

簡単に言えば、ピンポイントに狙っていく必要があるために、キャスティングの正確さとラインコントロールのしやすさが求められているのです。

これを応用したものがベイトタックルを使ったフィッシングスタイルとなりますが、ラインスラックが重要な役割を持っているエギングの釣り方に最適な面が多くなるのです。

ベイトタックルの利点は、狙った場所をピンポイントに攻められる点にあると言えます。

常に大海原に向かってキャスティングする訳ではなく、ストラクチャーをタイトに狙って行く場合には、ベイトタックルの精度の高いキャスティングが強みとなります。

ベイトリールのメリットは、繊細なラインコントロールができる点にあります。

リールの構造上、スピニングリールのようにスプールが完全なフリーにならないため、ラインの出し入れに自由度が増してきます。

また、ベイト特有の操作方法として指でスプールを押さえることで、糸フケを最小限にとどめることも可能なのです。

このようにラインスラックを自由自在に操れることで、ベイトタックルでは高度な攻めが実現できると言えます。

さらに、ベイトタックルと伸びの少ないPEラインの組み合わせは、バイトをダイレクトに感じやすいため、ゲームフィッシングとしての楽しみを増すことができるのです。

ソルトウォーターフィッシングは、キャスティングを繰り返し行うことや、海水の影響からタックルにはシビアなコンディションとなります。

ベイトリールは、見た目の通りシンプルな構造とタフな特性を持ち合わせていますので、ソルトウォーターフィッシングにも十分に対応することができると言えます。

エギングにベイトタックルを使用するメリットには、キャスティングやラインスラックなどの操作性の良さの他に、ステイタス性の高さも魅力の一つになります。

最近ではソルトウォーターの代表格であるシーバスフィッシングでも、あえてベイトタックルを使用する人がいるそうです。

精度の高いキャスティングやピンポイントの攻めが可能とは言っても、使いこなすにはそれなりのテクニックが要求されますので、あえて難しいベイトタックルにこだわるステイタス性の高さも魅力の一つと言えます。

とは言え、ベイトタックルでのエギングは今では少数派です。

私自身は今の主流のスピニングタックルでのエギングが釣りやすく、特に問題も感じていません。

自分だけ釣れないのはなぜ??

nazetsurenai最初からこのDVDを見ておけばよかった・・・。
同じ釣り場で他の人は釣れてるのに自分だけ釣れないのはなぜ??

釣らせてくれる秘密のDVD!

Power Pushサイト!

コメントを残す

サブコンテンツ

エギングアイテム紹介・ランキング

このページの先頭へ