ジギング経験者に送る、初めてのエギング

ジギング経験者に送る、初めてのエギングジギングもエギングもルアーフィッシングの1つですが、その違いはとても大きいとの印象があります。

ベテランジギングアングラーであっても、エギングで結果を出すにはかなり辛抱しなければならないかも?


ジギングのタックルでエギングはできるのか?

ジギング愛好家がエギングを始める際に気になるのが、道具を併用できるか否かだと思います。

最も高額なロッドとリールについては、残念ながら購入することを推奨します。

ショアからのブリ狙いのタックルを想定してみると、100g前後のジグをフルキャストでぶん投げることのできるジギングロッドは、エギを操作するには強過ぎて繊細なアクションが出来ないし、4000番以上のリールも同じ理由で使用することができません。

そのため、エギング専用ロッドと2500~3000番クラスで軽量のリールを購入することを推奨します。

ジギングとエギングの釣り方の違い

ジグさて、道具が揃えば、釣り方についてジギングとエギングの違いを交えながら説明を致します。

ジギングとエギングの釣り方の大きな違いは、エギングはジギングに比べると、1セットのアクションの中でキャスティングしてから手元にルアーが戻ってくる時間がとても長いす。

まず、どちらもルアーの着底から始まるのですが、100g前後のジグを駆使するジギングはすぐに底取りができるのですが、エギは4号でも25g程度なので倍以上の時間が掛かります。

アクションについても、ジギングは常に動かし続けますが、エギングは動かす時間はほんのわずかです。

そのため、ジギング愛好者がエギングを始めたら、じっと待つことに苦労すると思われます。

エギの着底を待てずにアクションを開始するのはご法度なので、注意をしましょう。

ルアー(ジグ・エギ)のアクション

ジグとエギの動かし方の違いですが、ジグは海中で常に動いている状態を作らなければならないので、ワンピッチワンジャークに時々大きなジャークを交えたりしながらジグを動かします。

岸に向かって逃げるように激しく泳ぐように、ジグの動きを演出します。

エギングは大きなジャークでエギを跳ね上げ、イカにアピールをしたらフォールをさせます。

このフォールの間にイカがアタックして来るので、その間はティップや糸の変化を観察して、小さなアタリを拾わなければなりません。

ジギングがロッドを動かしている時にアタリがあるのに対して、エギングはロッドを止めている時にアタリがあり、両者の間では「動」と「静」に例えられるほどの違いがあります。

こうしてみると、ジギング愛好家がエギングを始める際には同じジャンルだと思わず、全く新しい釣りにチャレンジする心構えが必要だと思います。

自分だけ釣れないのはなぜ??

nazetsurenai最初からこのDVDを見ておけばよかった・・・。
同じ釣り場で他の人は釣れてるのに自分だけ釣れないのはなぜ??

釣らせてくれる秘密のDVD!

Power Pushサイト!

コメントを残す

サブコンテンツ

エギングアイテム紹介・ランキング

このページの先頭へ