エギング以外で、イカを釣る方法を教えて!

エギング以外で、イカを釣る方法を教えて!イカを釣る方法は、エギングだけではありません。

エギング以外にも陸からの泳がせ釣りやヤエン、船からのスッテ釣りなどバラエティーに富んだ方法があります。

エギング以外の釣り方を知って、よりイカの生態を理解してエギングに役立てましょう。


泳がせ釣り

陸からのイカの代表的な釣り方は、泳がせ釣りです。

これは、生きた魚をエサにしてイカを狙う方法で、アジを使用する地域が多いようです。

仕掛けはウキ釣りで、アジにはイカ用の掛け針を付けています。

エギへの反応の悪い寒い時期に入ると、イカが活きアジにしか反応しないこともあります。

そのため、エギンガーでも極寒期には、エギングから泳がせ釣りにシフトチェンジする方も少なくありません。

ヤエン

ヤエン泳がせ釣りの次に人気なのが、ヤエンと呼ばれるイカ専用掛け針を使用するヤエン釣りです。

泳がせ釣りとの大きな違いは、泳がせ釣りがイカを掛ける針を活きエサに付けているのに対して、ヤエン釣りは付けていないことです。

ヤエン釣りは、イカがアジにアタックしてきてから糸伝いにヤエンを投入して、イカを掛けるのです。

そのため、活きエサに掛け針がない分だけイカの警戒心が低くなるので、イカがアタックしてくることが多くなるのです。

その代わり、後から掛け針を投入する分だけイカを掛けるのがとても難しいのです。

入門者とベテランでは釣果の差が激しくなるし、通えば通うほど技術の向上が実感できるので、一度はまると熱烈なヤエン愛好者になることも多いです。

スッテ釣り

沖の船からのイカ釣りの主流は、スッテ釣りとなります。

スッテとは疑似餌の一種で、海中でふわふわと踊るような動きをする特徴があります。

仕掛けは、幹糸から複数枝出しして、スッテを装着し、幹糸の先端にオモリを付けて狙いのタナまで沈めます。

狙いのタナに仕掛けが到達したら手早く上下に動かして、イカにアピールをしてスッテを抱かせるのです。

ちなみにスッテによく反応するのはケンサキイカで、アオリイカはあまり反応しません。

ティップランエギング

沖の船からのイカ釣りで近年ブームを巻き起こしているのが、ティップランエギングです。

ティップランエギングはその名の通りにエギングの一種ですが、陸からのエギングとの決定的な違いがあります。

それは、アタリの取り方です。

ティップランエギングでは水深20~60mの深場を狙うため、イカがエギを抱いてもアタリを察知するのが困難です。

そのため、超高感度のティップ(穂先)を持つティップラン専用ロッドを使用します。

アタリの出方は、ティップがちょっと曲がるだけで、波気のある時は非常に分かり辛いです。

そのため、微アタリを攻略することが釣果の分かれ目となります。

沖の深場を狙うため、陸からよりも二回り以上大きなイカを狙えるのが、ティップランエギングの最大の魅力です。

自分だけ釣れないのはなぜ??

nazetsurenai最初からこのDVDを見ておけばよかった・・・。
同じ釣り場で他の人は釣れてるのに自分だけ釣れないのはなぜ??

釣らせてくれる秘密のDVD!

Power Pushサイト!

コメントを残す

サブコンテンツ

エギングアイテム紹介・ランキング

このページの先頭へ