エギングロッドは右手と左手どっちで持つ?腕を痛めない方法とは?

エギングロッドは右手と左手どっちで持つ?腕を痛めない方法とは?エギングロッドを左右のどちらの手で持つか?

ベテラン・アングラーならば、その理由がわかっているはずですが、初心者であれば、初めて握った竿に付いていたリールのハンドルが、たまたま右だったり左だったりして、そのまま使っているのでは?

竿を握る手の意味を、知っていますか?


ロッドを握る手の意味

ロッドを持つ手を決めるのには、一つのルールがあります。

それは、ボールを投げたり、箸を使ったりする利き腕が、ロッドを持つ手になることです。

利き腕でロッドを持つ理由は、キャスティングでロッドを振ったり、エギのアクションでジャークしたり、アオリイカを掛けた時のロッドワークなどの操作があるからです。

利き腕であれば、脳からの指示が指の先まで自然に伝達するので、瞬時の判断と操作が可能となります。

利き手の逆手は、ハンドルを回すだけの簡単な作業なので、利き手でロッドを持つことが理に適っていると言うことができます。

年配になるほど、ロッドを右手で持つ方が多いのですが、その理由は、昔のリールは右巻きのハンドルしかなかったからです。

今のように簡単に、ハンドルを変えられなかったので、本来ならば右持ちであるはずの釣り人も、左手で持っていることが多いのです。

それと、底物など大物釣り師のリールも右巻きハンドルばかりとなります。

その理由は、巻き取りに大きな力が必要な大物釣りは、力の入りやすい利き腕でハンドルを回すのが理に適っているからです。

それに加えて、大型魚では困難なタモ入れの作業も、利き腕で行うことができることも大きなメリットとなっています。

釣りのジャンルによって、利き腕の使い方が変わるのも、釣りの奥深さを感じさせられます。

エギングにはまり過ぎて長時間の釣行が続くと、腕を痛めてしまうことがりあります。

大事な利き腕が日常生活で支障を来す前に、腕を痛めないシャクリをアドバイスします。

腕を痛めにくいロッドアクション

柔らかめのロッドを使用する

固めのロッドの衝撃は大きいので、柔らかめに替えることで予防することができます。

最近のエギは昔に比べると軽いアクションでもよく動くので、多少柔らかくてもエギの動きに問題はありません。

手首を守るサポーター

サポーターを装着することで手首が保護されるので、腱鞘炎などの予防になります。

両手でシャクる

エギングのジャークは片手で行いがちですが、両手で行っても一向に構いません。

それによって、シャクった時の衝撃が分散されるのがメリットです。

ただし、足場の悪い所ではバランスを崩した時に手を着くのが遅れるので、注意をして下さい。

両利きになる

これがベストな方法だと考えます。

五十肩で利き腕の肩が上がらなくなったアングラーの中には強制的に、両利きになった方も少なくありません。

早めに両利きになっておけば、いつかやってくる五十肩も怖くないかもしれません。

自分だけ釣れないのはなぜ??

nazetsurenai最初からこのDVDを見ておけばよかった・・・。
同じ釣り場で他の人は釣れてるのに自分だけ釣れないのはなぜ??

釣らせてくれる秘密のDVD!

Power Pushサイト!

コメントを残す

サブコンテンツ

エギングアイテム紹介・ランキング

このページの先頭へ