エギングを始めたいのですが、道具代の費用はどれくらい?

エギングを始めたいのですが、道具代の費用はどれくらい?「エギングを始めたい」という方からの相談で、最も多いのが初期投資の費用、つまり道具代です。

訳も分からずにネットや本で道具を調べると、高かったり安かったりで、どれを選んだらよいのか…。

そんなこれからエギングはじめようかな?という方に向けて、ケース別に道具の揃え方をアドバイスします。


ロッド

ロッドの機能で必要とされるのが軽量、適切な固さと調子、遠投性です。

この3つを実現するロッドは最低でも1万5千円(実売)は、見ておかないといけません。

逆に言えばこれより安いロッドだと、エギングにハマった瞬間から道具の欠点が気になって物足りなくなり、買い換えることにもなるからです。

しかし、初期投資はロッドだけでなく、リールや小物周りも必要なのでどうしても、もっと費用を抑えたい方は5千円~1万円くらいのロッドが良いでしょう。

このクラスであればそれなりに楽しめますし、将来ワンランク上のロッドを購入しても、替えのロッドの役割を十分に果たします。

これよりも安いクラスのロッドだと、性能が格段に落ちてしまって上達することもままなりません。

リール

リールについては、軽さを優先したいです。

できれば、2500番で自重が250g以内のリールがベストです。

リールが軽いことのメリットは、疲れないことと、感度がアップすることが上げられます。

そのクラスのリールですと実売で1万円強となりますが、もっと安く済ませたいのであれば、6千円前後のリールでなるべく軽いものを選ぶようにして下さい。

それ以下だと不具合や故障が出やすくなります。

エギ

エギは、数を揃えなければならないので、それなりに費用が掛かります。

高いですがなるべく、メーカー品で揃えることをお勧めします。

メーカー品と廉価品の大きな違いは、強度とバランスです。

廉価品は簡単にオモリが外れたり、布が破れたりしますが、メーカー品にはそのようなことが滅多にありません。

エギは最低でも10本は準備しておきたいので、メーカー品であれば安くても8千円は見ておきたいです。

ただし、初心者は根掛りによるエギのロストが多いので、慣れるまでは廉価品を使う方が無駄な出費が少なくなります。

エギ10本の内の半分を廉価品で抑えれば、300円の廉価品5本+800円のメーカー品5本で5500円で済ませることができます。

小物周り

PEラインは2千円前後、リーダーは1500円前後、ランガン用のエギ専用バック3000円、接続具(スナップ)300円など、合計で7000円をみておきたいです。

以上のことから、それなりの道具をそれなりの料金で揃えるならば、トータルで3万円ほどです。

ロッドとリールのランクを落とせば、もっと安くなります。

道具のランクを落とし過ぎるとなかなか上達せずに楽しめないので、それなりの道具を揃えるようにしましょう。

自分だけ釣れないのはなぜ??

nazetsurenai最初からこのDVDを見ておけばよかった・・・。
同じ釣り場で他の人は釣れてるのに自分だけ釣れないのはなぜ??

釣らせてくれる秘密のDVD!

Power Pushサイト!

コメントを残す

サブコンテンツ

エギングアイテム紹介・ランキング

このページの先頭へ