エギングでイカ釣りを楽しむための最低限必要な道具は?

エギングでイカ釣りを楽しむための最低限必要な道具はエギングとは、イカを釣る時の方法の一種で、エギと呼ばれる日本古来のルアーのようなものを用いて、寄ってきたイカを引っ掛けて釣り上げます。

このページではエギングに最低限必用な道具をまとめてみました。

これらさえあれば、エギングはできます。

細かいことを言うと、はさみとか、スナップとか色々必用といえば必用なのですが、エギングの経験がある友人と一緒に行くのであれば、これからご紹介する道具だけで、あとは借りれば何とかなると思います。


エギングに最低限必用な道具

エギエギ(餌木)は、一般的にはエビに似せた外観で、プラスチックや木でできています。

キラキラ光るように金や銀で色をつけて、カラフルなヒラヒラした装飾を付けてイカを呼び寄せます。

寄ってきたイカの触手を引っ掛けるための針が放射線状についていて、よりリアルな動きを再現するための錘もついています。

この錘は、エギの沈下速度を速めたり、遅くしたり、ジャンピングさせたりと様々な工夫がしてあります。

最近では、音でイカを誘うタイプのエギなど、バリエーションもたくさんあります。

 

エギの大きさも重要で、釣れるイカはエギの大きさに比例しています。

イカ釣りに最低限必要な道具は、エギ以外にカーボンロッドと呼ばれるカーボン繊維製の釣竿です。

エギングでのイカ釣りは、エギを海に投げ入れて、ひたすらしゃくってエギを生きているエビのように見せかける必要があります。

この「シャクリ」に必要なのは、疲れにくい軽さやエギのコントロールし易さなどが必要で、カーボン製の軽い釣竿は最適です。

 

リール釣竿の次は、リールです。

専用のリールというのは多くはありませんが、発売はされています。

従来のリールより軽く、浅溝スプールといって、糸を巻き取るための溝が浅いため、少ない糸でOKのリールが人気です。

軽いので一日中、竿の投げ入れや巻取りが楽にできます。

 

リーダーあと必要なのはリーダーと呼ばれる糸で、小さなイカを狙うときは細い糸を使用し、大きなイカの時は太い糸を使用します。

糸には、エギをコントロールするという重要な役割があり、風の抵抗や飛距離などいろいろな条件により、自分にあった糸をチョイスするのがベストです。

 

それぞれの道具の選び方についてはエギングに必用な道具のページでまとめていますので、ご参照ください。

自分だけ釣れないのはなぜ??

nazetsurenai最初からこのDVDを見ておけばよかった・・・。
同じ釣り場で他の人は釣れてるのに自分だけ釣れないのはなぜ??

釣らせてくれる秘密のDVD!

Power Pushサイト!

コメントを残す

サブコンテンツ

エギングアイテム紹介・ランキング

このページの先頭へ