シマノのセフィアBB R S709MLの特徴と使用感について

ロッドの特徴は?


このエントリーをはてなブックマークに追加  


シマノ セフィアBB S S709ML

長さ

硬さ

自重

適正ウェイト

適合ライン

定価

7.09ft

ML

108g

2.0〜3.5号

0.6〜1.2号

17,010円

 

シマノ,セフィアBB,R,S709ML,特徴,使用感シマノのセフィアBB R S709MLはロッドが約7ftと、エギングロッドの中ではかなり短いロッドに分類されます。

 

硬さはMLで、やや柔らかいロッドになります。

 

竿が短い分、エギの飛距離は落ちますが、竿が柔らかいので、飛距離に関しては竿の短さをある程度カバーしてくれます。

 

1番の特徴は何と言っても、この価格帯で110gを切った軽さにあると思います。

 

長時間のシャクリも可能ですし、竿の長さ、柔らかさからアジング、メバリングもでき、繊細な動きも可能になります。

 

どちらかと言うと、小物向きのロッドではありますが、高いレベル水準でどんな魚にも対応でき、イカも大物から小物まで幅広く対応可能です。

 

実際にこのロッドを使った方のコメントを頂きました。




Sponsored Links



セフィアBB R S709MLの使用感

シマノ,セフィアBB,R,S709ML,特徴,使用感今シーズンは竿を新調しました。

 

お店の店員さんに勧められたのですが、シマノセフィアBB-RS709MLです。

 

アオリイカ釣りでは柔らかい竿が好ましいそうで、まさにうってつけの竿というわけです。

 

アオリイカは掛かったときにこちらの反応が遅れるとエギを離して逃げてしまうことがあります。

 

竿の柔らかいしなりがその反応の遅れをカバーしてくれ、エギを離す確率を下げてくれるのです。

 

シマノのセフィアBB R S709MLでは、細い見た目からは想像もつかない強度を併せ持っておりアオリイカ釣りに必要な張りやしなり、そして感度を追求した竿でした。

 

軽量化を目指した竿なので軽く長時間の釣りに向いていました。

 

竿先に適度なしなりを持たせながらキレがあるので、エギシャクリが調子良くできます。

 

エギングはバスフィッシングの様に疑似餌を本物らしくみせるのが腕の見せ所ですが、しなりの良い竿を使えば私のような初心者でも比較的上手く釣ることができます。

 

今回新調した竿は良い結果を出せているのでお勧めできます。

 

 

 

セフィアBB R S709MLの価格を通販サイトで比較!

ナチュラム

icon

楽天市場

Amazon




Sponsored Links



シマノのセフィアBB R S709MLの特徴と使用感について関連ページ

一流釣具メーカーのシマノが用意するエギングロッドの特徴は?
釣具の最大手メーカーであるシマノのエギングロッドについてご紹介します。一流メーカーならではの様々なこだわりが見受けられます。
軽さを優先、セフィアCI4+ S806M
一日中ロッドを振り続けるエギングは、ロッドの軽さが重要なポイントで、そこを重視するアングラーも少なくありません。しかし、ロッドにはバランスがあり、表示重量の軽さだけでは実際に持った時の感触は掴めないものです。シマノの人気ロッドのセフィアCI4+ S806Mは、バランスも良くとても快適なロッドです。

 
TOP 他の魚も釣れるロッド 目的別のロッド 予算から選ぶ ロッド選びの基礎知識